誰でも手軽に始められることで人気となっているネットでの転売は違法なのか

手軽にお金を稼ぎたいという時に有効な方法が、自分で購入したアイテムを売って売買差益を得る転売です。ただ、転売は違法なのではないか、転売を行うと罪に問われてしまうのではないかと、不安を感じる人もいるでしょう。

確かに、罪に問われる転売もありますが、全ての行為が違法となる訳ではありません。どんな形で転売をすれば違法となるのか、安全に転売をするためにはどうすれば良いかなどを、簡単に見ていきましょう。

違法となる転売は

転売の中でも問題となるのは、チケットや転売を禁止されている物の販売です。
コンサートなどのチケットに関しては、購入をした目的や、販売する価格によって違法性があるかどうかが決まってきます。

行くつもりで購入したけれど用事ができて行けなくなった公演のチケットを、定価以下で販売するのであれば違法性はありません。

それに対し、高額転売をすることを目的に入手したチケットを、定価よりも高い金額で販売すれば違法となります。コンサートのチケットは、席によってはプレミア価格となることも多いものです。ただ、転売目的の購入や定価以上での販売は違法となるので、手を出さない方が良いでしょう。
更に、チケット以外でもメーカーや業者が転売を禁止しているアイテム、さらに酒類などの転売も違法となります。

せどりという形の転売

安く仕入れたアイテムを、高く売る転売の形の一つに、せどりがあります。
古本やフィギュアなど、漫画やアニメ・ゲーム関連のせどりは、誰でも手軽に行えると人気になっています。

ただ、販売目的に購入した中古品を売ることは、違法となるので注意が必要です。ただ、自分が使うつもりで購入したアイテムを、フリマサイトなどで販売する形であれば違法となることはありません。

古本やフィギュア、ゲームなど転売目的で仕入れた中古品を販売するためには、古物商許可証が必要となります。古物商許可がない状態で、せどりを繰り返せば、違法行為を行っているとして罪に問われる可能性があります。

そのため、中古品を仕入れて販売する電脳せどりで稼ぎたいのであれば、まず古物商許可を取るところから始めておくと良いでしょう。

許可が下りるまで少し時間がかかることになりますが、申請自体は誰でも気軽に行えます。
事前に古物商許可を取っていれば、安心して電脳せどりを始めることができるでしょう。

安心して転売で稼ぐには

転売という形でお金を稼ぐためには、販売しようとしているアイテムに違法性がないかを確認しておくこと、古物商許可などの準備をしておくことが大切です。

さらに、特定商取引法を守るなど、ルールをしっかりと守っていれば、違法性を問われることもないでしょう。より安全に転売で稼ぎたい場合は、自分でショップを立ち上げることが有効です。卸売業者などで仕入れたアイテムを自分のショップで販売する形であれば、後ろ指をさされる心配もありません。

法やルールをしっかりと守ることは、ショップの利用者に対して安心感を与えることにも繋がります。

安全な転売は、稼げないのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、独自のコンセプトを持つ店を目指す、海外からの仕入れを活用するなどの方法で、法を守りながらもしっかりと稼げるショップを目指すことができます。

転売と聞くと、違法行為ではないかと考えてしまう人は少なくありません。しかし、違法となるかどうかは販売するアイテムや入手方法次第です。

違法性のないアイテムを選んでおけば、安心して電脳せどりや転売を始めることができます。ただ、中古品を販売する時には古物商許可を取っておくなどのルールを守る必要があります。安全に転売を始めたい時は、仕入れたアイテムを販売するための法律やルールを学んでおくことも大切です。

自宅でいらないものを転売するのは違法に当たるの?注意点はあるのか?

自宅で不要なものを転売することは違法ではありません。個人で使用して数量も少なく中古品でしたら疑われることもなく、転売することはできます。ただ一部の商品で違法性があったり、知らないで転売すると後から罪に問われることがあります。自分で転売するならその商品の内容に十分に注意してから転売した方が良くなります。

自宅にあるものを整理していると、不要なものがあるときがあります。
このまま捨ててしまうのはもったいない、売りたいけれどどうしたらよいのかな、と思いますがそもそも転売とは違法なのでしょうか。
個人で商品を転売したいときに、気をつけることはあるのでしょうか。

商売で転売をするつもりがなくても、使っているものや不要なものを売って現金を得たいと思うことがあります。
ただ転売は良くないというイメージもあり、いざ捕まったらどうしようなど不安なこともあります。
転売に違法性はあるのでしょうか。

転売自体は違法ではない

マスクやアルコール消毒剤など転売が規制されたこともありますが、何か特別なことがない限り基本的には転売は違法性はありません。
他の人が使いたいものや人気の商品を大量に買い占め、売ることは迷惑行為になりますので、良くないことにはなります。
ただ転売自体は違法性はありませんので、商売でなければリサイクルショップや、アプリなどを使って現金に変えることは可能です。

個人で使っている所有物なら違法性は全くない

今まで使っていた自宅にある電化製品や家電など使わなくなった商品を売りに行くのは全くの問題がありません。
同じものが複数あるわけでもありませんし、実際に使っているものは経年劣化して古くなっています。

そのために高く売れることもなく、中古品として不要なものとなり、安心して売れることになります。

ただリサイクルショップにも相場がありますので、高く売りたいなら何店舗が確認してみてもよいです。

チケットは注意が必要

自分が行く目的でコンサートや歌舞伎、宝塚のチケットなど購入したとします。
人気のアーティストや希少価値が高いものなどは、予期しないでプレミア価格にチケットになることがあります。
自分も不要になったり、プレミア価格につられてしまってチケットを定価より高く売ることも、禁止されています。
またチケットは転売も禁止されていますが、どうしてもほしい高額のチケットを自分で購入することも禁止されています。
ダブ屋という存在も良く聞きますが、自分では利用しない方が良いです。

定価より安く売るなら問題がない

例えば公演まで期間が短くなってしまった、どうしても売りたいから低価格である、すこしでも良いから現金にしたいなど定価より安く売ることは違法ではありません。
せっかくチケットを購入したけれど、急用で行けなくなってしまったなど、無駄にしてほしくない場合も低価格で売ることがあります。
この場合転売をして利益を得ようともしていませんし、複数枚売ることもしていません。
そのために違法性はないことにもつながります。

ブランドものは正規の物かどうか

ブランドものには流行があったり、手に入れたことに満足して、使わなくなったブランドものが自宅で眠っていることがあります。
個人で使っていたブランドものを売るときには、その商品が本物であるかが大切になります。
自分で買ったときのことを思い出し、ブランドの正規店や大手ディスカウントストアなどで購入していれば本物ですが、フリマアプリやネットで購入したものなど保証がついていなかったりするものは注意が必要になります。

偽物を売ると罪になることがある

ブランドものの転売に注意する必要があるのは、それが偽物ですと罪に問われることがあるからです。
たとえ自分が偽物だとは知らなくても、偽物を売ることはブランドのイメージを損ねてしまいます。
そもそも偽物を正規品と同じ扱いで転売することにも問題がありますし、きちんと査定できないお店で売ること自体良くないことといえます。
自分が本当に売りたいときは、売るお店にも気を付けたほうが良いです。

自宅でいらないものを転売することは基本的には違法ではありません。
ただ予期しないで違法となることもありますので、いざ売るときにはその内容に気を付けたほうが良いです。
売った後で違法性を突き付けられると困ってしまいます。

転売でこれだけは絶対にやってはダメ!万が一にもやってしまったら人生詰みます

ブランド品は若い世代からお年寄りまで多くの世代の方が好んで購入したいと思う物です。

そんな商品を注いくつかの意点を守り、少しの知識を得ることにより、誰でも簡単に転売することによって、大きな利益を得ることができるのです。

取り組んでみたくても具体的な方法を知らない方も多いと思うので、ブランド品の転売に関するちょっとした豆知識を提供します。

昨今、よく耳にする「せどり」や「転売ヤー」その意味は転売の一種です。

転売とは、言葉の通り、モノを転がす行為です。例えば、小売業者から商品を購入し、それらを他者に販売して利益を得るという、商売の一環であります。

しかし、コロナ禍の真っ只中、マスクや消毒液を営利目的で買占め、高額な値段で売る転売行為の報道から「転売=違法行為」と感じてしまっている方もいるかもしれませんが、この転売という行為は資本主義の列記とした経済活動です。

転売自体は違法ではありません。「安く仕入れて高く売る」むしろ、健全なビジネスです。しかし、違法となる転売も存在するので、これから「転売で稼ごう」と考えている方は注意してください。

万が一にも、犯罪にあたる転売をしてしまうと、懲役や罰金などの重い刑罰があたえられる場合があります。知らなかったでは済まされないことに・・
そうならない為にも、正しい知識を身につけておく必要があります。

チケットを転売する時は要注意

人気のあるチケットの転売は、ぶっちゃけ儲かります。しかし、営利目的で転売する場合には違法になりますので、絶対に辞めましょう!しかし、違法にならないケースも・・

例えば、行こうと思ってチケットを購入したけど、具合が悪くなったり、急用が入ったので行けなくなったので知人に安い価格で売った」というケースであれば違法にあたりません。

「チケット不正転売禁止法」と呼ばれる法律が存在し、チケットの不正転売は禁止されています。

ここでポイントになるのが「売る時の金額」です。無償で譲ったり、購入した金額より低い価格で売る場合には、営利目的での転売にはあたりませんので、私的な事情で他者に譲る時は大丈夫です。

営利目的の不正転売は違法行為です。
もし、「チケット不正転売禁止法」に違反した場合は、『1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金』が科せられるので、絶対に辞めてください。

偽のブランド品を転売したら人生終わります

営利目的の転売が違法か?or違法ではないのか?なんていうチンケな話ではありません。偽物の販売は「商標法」によって禁止されており、違法行為にあたります。しかも、転売と比べると、非常に厳しい処罰が科されます。

商標法に違反した場合は、『10年以下の懲役or1000万円以下の罰金』、またはその両方が科せられます。これを聞いて「偽のブランド品を転売して儲けてやろう」と考える方はいないでしょうが、今現在、そのことを知らずに偽ブランドの転売を企てている人は絶対に辞めてください。もし、加担してしまったら人生が詰みますので、考えなおして!

偽ブランド品と聞くと、バッグや洋服、時計などをイメージする人も多いでしょうが、ぬいぐるみやオモチャ、家具など、色々な商品が存在します。もしかしたら、自分では「偽物を転売しよう」なんて微塵も思っていなくても、知らないうちに偽物を購入して転売してしまう恐れもあります。

残念ながら、現在ではオークションサイトに偽物が多く出回っており、転売をビジネスとして始めようとしている人は、本物であることを確認してから購入、転売する必要があります。

偽物を掴まされない為にも、正規店や信頼できるサイト、お店でブランド品を買うことが、犯罪に巻き込まれないようにする最大の防御になります。

「何かこの商品怪しいな?」と少しでも思ったら、その商品を避けることが無難です。

【注目】福岡県地域で即金でお金がほしい人を助ける

デジタルコンテンツをコピーして販売もNG

皆さん、映画館に一度は行ったことがあると思います。作品が上映する前にスクリーンに流れる「no more 映画泥棒」

映画を盗撮して販売することが犯罪になることは知っていると思います。それと同じで、違法コピーや違法ダウンロードしたコンテンツを転売した場合は逮捕されます。

とある作家の漫画を、業者が無断でサイト上に公開したことが問題になり、国会でも取り上げられました。今後も規制が厳しくなることが予想されます。転売を始める際はデジタルコンテンツの扱いに注意しなければなりません。音楽や電子書籍もデジタルコンテンツに含まれますので、正規のルートで購入することを推進します。

今、転売をやっている人は多いんじゃないでしょか!ルールを守ってやる場合は何の問題もありませんが、ケースによっては違法になり、重い刑罰が科せられることもあります。

もし、犯罪に加担してしまったら?
もちろん逮捕されます。知らぬ存ぜぬでは済まされません。そうならない為にも、転売の正しい知識を身につけて、転売を始めてください。世の中には無知ほど怖いモノはありません。

知識を身につけ、ルールに従って現金化でたくさん稼いでね!